「ダイエット」それは女性にとって永遠のテーマですね。今までにも、単品ダイエットや断食、或いは油分カットや炭水化物カットなど、たくさんのダイエット方法が流行しました。 心とからだを元気にするダイエット(旧:運動しない私が1ヶ月で10キロやせた秘密)

スポンサードリンク

一時的に痩せたとしても、そのダイエットは正しいとは言えない

あなたも何かしらのダイエットに挑戦して、そしていつのまにかやめてしまった経験をお持ちではないですか。 それはなぜかというと、結局は体や食生活に無理があり、精神的にも身体的にも維持することが、不可能だったからではないでしょうか?栄養が偏ったり極端に量が少なかったりして、集中力や活力がなくなったり貧血をおこしたり、と健康に影響が出ますのでおすすめではありません。 おいしくバランス良い食事は、健康的に痩せるためには不可欠です。なぜなら、おいしく食事が出来ることこそが健康の証だからです。この基本に戻ってダイエットを考えたとき、健康を害するような方法で一時的に痩せたとしても、そのダイエットは正しいとは言えないのです。


きちんと食べると言っても、その食べ方に注意は必要です。まず、必ず1日3食を摂りましょう。特に一日の活力源である朝食は、絶対に抜かないで下さい。その分、夕食は軽めでも構いません。むしろその方が、太りにくくなるはずです。なぜなら、朝食や昼食で摂ったカロリーは、日中の生活でほとんど消費されますが、夕食で摂取したカロリーは消費される量が少ないからです。そういう意味では、特に寝る直前や、夜遅い時間の食事は、特に注意が必要です。 夕食で気をつけることのひとつは、主食を控えめにすることです。ついついご飯を食べてしまうという人は、おかずを薄味にしてみましょう。塩分を控え、だしの旨みを強調したり、香辛料で刺激的な辛味を加えるなどの工夫も大事です。また、満足感のない食事では、せっかくのダイエットも長続きしませんね。低カロリー食材を使って全体量を増やすことで、満腹感を得るのもひとつの方法です。こういう調整をするためにも、食事はできるだけ手作りするのが望ましいです。 それから、肉や魚も毎日ちゃんと食べましょう。肉は体にとって大切なタンパク源ですし、魚は低カロリーで栄養豊富な優秀食材です。特に青背の魚は、重要な栄養素のDHAやEPAが豊富に含まれているのでお薦めです。また、骨の形成に必要なカルシウムを摂る為には、卵や乳製品も欠かせません。

食事量を急に減らすのは難しいことだと思いますので、野菜や低カロリー食材をたっぷり使うことでカサを増やしたり、食材をすりつぶしたり裏ごししたりしてスープにするなどの工夫が必要です。「あぁ、満足した!」と感じるような食事にすることが、継続するための大切なポイントです。また、飲み会などでお酒や食事をたっぷり摂ってしまったときは、その翌日の食事量を控えたり、いつもより余分に運動したりして、カロリーをコントロールする癖をつけるといいでしょう。 ぜひ、毎日体重計に乗って、その記録をつけてみてください。体重の増減を目の当たりにすると、生活や食生活を見直すきっかけになり、それがダイエットにも良い効果をもたらします。家族や友人にも「ただ今、ダイエット中」と宣言して、明るく楽しくダイエットに取り組みましょう。わざわざ大げさなスポーツを始めなくても、階段の上り下りや、電車やバスの中では座らないなど、日々の動作を意識するだけで充分なのです。 急激なダイエットは「リバウンド」という厄介な結果をもたらしかねません。しかも、お肌がカサカサに荒れたり、女性の大切な生理まで止まってしまうこともあります。このように体調を崩したり、ストレスがたまるようなダイエットでは、何の意味もありませんね。栄養バランスの良い食生活と、筋肉や骨は減らさず脂肪だけを減らす正しい運動で、美しく健康的に痩せることをめざしましょう。

スポンサードリンク











▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ダイエット体験・掲示板:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.xn--ss-mg4aqa2jua9a.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。